TOP_IMAGE TOP_IMAGE_TITLE

■ 【移住推進担当】地域おこし協力隊募集中!

会津若松市では令和2年4月1日採用の地域おこし協力隊を募集しています。
”移住コンシェルジュ”として移住希望者の相談対応や情報発信などが担当業務です。
歴史好きな方、子育て世帯、定年退職後の第二の人生を楽しみたい方など、思い描く会津ライフは十人十色。
そんな皆さんの夢をかなえるお手伝いをしませんか?
受験案内・申込書等はこちらからダウンロードできます
会津若松市公式ホームページ「会計年度任用職員選考試験の実施について」
【業務の概要】
・移住希望者の相談対応
・首都圏で開催される移住イベントへの参加
・移住体験ツアーの企画・運営
・SNS、ホームページでの情報発信
・移住ガイドブックの制作
・移住プロモーションビデオの制作
・その他、移住推進に関する活動

【受験資格】
次のすべてに該当すること
・三大都市圏をはじめとする都市地域にがんに住所を有する方で、本市に生活の拠点を移し、住民票を異動することができる方。
・平成12年4月1日までに生まれた方
・心身が健康で、地域協力活動に意欲と情熱がある方

【採用予定人数】
1名

【勤務場所】
会津若松市役所地域づくり課

【勤務日数・時間・休暇】
・勤務を要する日  月17日
・休日 土・日・祝日・年末年始
   (イベント等により休日に勤務する場合は、勤務時間の振替で調整します。)
・休暇 任用期間に応じて年次有給休暇が付与されます。
    また、条件に応じで特別休暇が付与されます。

【報酬】
月額155,069円~166,400円(予定)
※経験等によって報酬が増額調整される場合もあります。
(その他、通勤手当、時間外勤務手当、期末手当が条件に応じて支給されます。)

【福利厚生等】
・健康保険、厚生年金、雇用保険に加入します。
・活動に必要な物品等は予算の範囲内で市が用意します。
・首都圏での移住イベントに参加する際の旅費は市が用意します。
・転居にかかる費用は自己負担となります。
・住居は隊員が用意するものとします。また、住居手当の支給はありません。
・勤務中の移動手段は市公用車となります。なお、勤務時間外の利用はできません。

【試験の方法】
・作文試験(事前提出)
・経歴審査(事前提出)
・面接試験

【試験日、試験会場】
令和2年2月8日(土)13時~
会津若松市役所栄町第二庁舎第1会議室

【申込方法】
「受験申込書」「受験票」「作文課題」に必要事項を記入し、会津若松市役所地域づくり課へ提出してください。
郵送により申込する場合は、封筒の表に「採用試験申込」と朱書きし、「84円切手を貼った返信先明記の長型3号の封筒」
を同封し、会津若松市役所地域づくり課あてに送付してください。

【申込受付期間】
令和元年12月2日(月)~令和2年1月27日(月)
※受付は8時30分から17時15分までです。ただし、土・日・祝日・年末年始は除きます。
※郵送による申込は、1月27日の消印のあるものまで受付します。

【合格者発表】
令和2年2月中旬(予定)に受験者全員に合否を通知します。

【合格者の採用】
合格者は、成績上位の方から原則として令和2年4月1日以降採用します。
なお、受験資格を欠くことが明らかになった場合は採用されません。
また、この募集は令和2年度の予算成立を前提に行うものであり、成立した予算の内容によって、
採用されない場合があり得ることを予めご了承願います。